リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
コンサート
水戸茂雄のCD
教則本、楽譜
講習会
ドイツ・ベルギー・オランダの旅
楽器
雑談
講座
未分類
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2010年 12月 17日 ( 1 )

小澤征爾氏のドキュメント

今週、BS hiで小澤征爾氏のドキュメントを放送しているので、
ずっと観ているが、リハーサル風景やインタヴューなどを見ていると
すごく勉強になるし、改めて小澤征爾氏の凄さを見せられた。
自分の弱点も惜しげもなく曝け出すし、何時でもどんな環境でも
一生懸命指揮をする姿など非常に感化された。
リハーサルでの氏の指示は的確且つ非常に鋭い、別格だ。
また、氏は指揮をしていて若い演奏家から学ばされることが多々ある。
と言う事を話していた。全く同感だと思った。
番組でロストロポーヴィッチが演奏家は作曲者の作品を演奏をする時は
作者のその時の作曲した気持ちを表現しなければならないと言う様な事
を言っていた。プラス小澤征爾氏が演奏家自身の個を表現しなければな
らないと言っていたが、この二つが同時に出せれば良いわけだが、
僕は以前からそれを実践していたし、生徒にも言ってきたので
とても励みになった。
しかし、夜中に放送なのでここ一週間は寝不足も甚だしい。
しかし改めて小澤征爾氏は凄い。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-12-17 01:24 | 雑談