リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
コンサート
水戸茂雄のCD
教則本、楽譜
講習会
ドイツ・ベルギー・オランダの旅
楽器
雑談
講座
未分類
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


リサイタル後記

昨日、無事リサイタルを終えた。
リサイタルにはフランスから遊びに来ているリュート製作家のエリックも来た。
今回のテオルボの製作家でもあるので彼も楽しみにしていた。
今回は前半 de. ヴィゼー、後半 カプスベルガー という
世間で言うマニアックなプログラムで構成した。
出来たての真新しいテオルボで音の鳴りを心配していたが、
礼拝堂の隅々まで良く響き渡ったので安心した。
前回のブログで書いた運指の変更だが、実はリサイタルの直前の控え室でも
運指を変更した。幸いにして本番では変更箇所は全てクリアーした。
しかし、テオルボソロの演奏会は体力勝負だ。
帰りは内輪で韓国料理屋に行き赤く染まった韓国料理をつまみに
マッコリに舌鼓を打った。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-10-21 13:36 | コンサート
<< 学生の皮靴 また僕の癖が出てしまった >>