リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大トラブル

先週の金曜日、何時ものように蔵前教室に行き教室のバロックリュートを取り出そうとして
ふたを開けたら、何とブリッジが剥れていた。
家に持ち帰って、とり合えず表面板を剥がしたが、単純だと思ったら相当重症でブリッジの接着部分
のところは10cm程横に裂けて割れ、ササクレ立ちおまけに縦に3箇所これも10cm程割れていた。
それに伴って、力木からも剥れていた。
ブリッジとの接着面のササクレが酷いのでどう対処するか。
新しく少し幅の広いブリッジを作るか、それともウルトラCを使おうか、思案中。
余裕があれば新しい響板にしたいのだが・・・・・・・・・・・。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-07-26 23:48 | 楽器

永年の宿痾

僕は生まれつき腸が弱く幼少の頃2度ほど生死の境をさまよった事がある。
今まで色々な病院に行き、何種類の腸の薬を試してきただろう。
ほとんどありとあらゆる薬を飲んできたと思う。
腸に良いといわれる健康飲料も幾種類も飲んできた。
結果はと言うと、何とも相変わらずの腸がゆるい状態だ。
ところがあるメーカーのヨーグルト ビ〇 を毎日続けて食べたら、
これは驚いた。腸の具合がすごく良いと感じるようになった。
コンスタントに練り歯磨き様のう〇ちが出るようになった。
今まで、しょっちゅう、さし込みがあり、ゆるいう〇ちが出る苦しみから、
今のところ開放されている。
いままでのビフィズス菌では中々腸まで生きていけなかったのが、
BE〇〇というビフィズス菌が生きて胃を通過して、腸まで行き、
悪玉菌を減らし善玉菌を活発にさせてくれるらしい。
これで永年の宿痾から開放されたのかも知れない。
暫らく続けて見る事にする。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-07-17 23:08 | 雑談

実際にあった本当の話

これは実際にあった本当の話です。
実は先日、家のキッチンの蛇口が水漏れを起こして、溢れ出る水の量がすごくなった。
限界だったので、修理に来てもらった。
話はここから始まる。
後は、妻の話を書いてみる事にする。
僕は仕事で留守にしていたので、妻が居る時に修理が始まった。
修理係りの人が、元栓を止め、蛇口の上部を外すと矢張り、中にある部品が
痛んでいたので、「部品を交換しますか、それとも蛇口を新しく取り換えますか。」
と妻に尋ねた。
そこで、妻は部品を換えれば今までのものが使用できるわけだからと「部品交換で
お願いします。」といった。
修理係りの人は「分かりました。では部品が今手持ちに無いので、取りに帰ってきますので、
とりあえず、元に戻しておきます。」と言って元に戻そうとしたら、部品が一つ、どうしても
見つからなかったそうだ。
しばらく探した後、修理係りの人が「そう言えば外した時、蛇口の取り付けの穴に
何かが落ちたのを覚えている。それがその部品です。」と言って申し訳なさそうに
「こちらの責任ですから、蛇口は無料で交換させて頂きます。」言うので、
「それでは余りにも申し訳ないので、少しでもお支払いします。」と妻が言うと、
修理係りの人は「いえ、私の責任です。」と言って頑なに無料で交換すると言って、
蛇口を会社に取りに帰った。
3~4時間の後、今度はベテランそうなもう一人の係りの人と一緒に戻ってきて、
新しい蛇口を取り付けて、二人で丁寧に「申し訳ありませんでした。」と言って帰って言ったそうだ。
結局、僕が夜、帰宅すると朝見た我が家の故障していたキッチンの蛇口は
奇跡のごとく真新しい最新の蛇口に変わっていたのであった。
修理係りの人は実は「闇の仕事人」で困っている人を見つけては、
そうやって無料で問題を解決してくれる。のか。
なんとも不思議な話である。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-07-12 23:47 | 雑談

リュート講習会

今日、リュート講習会を開催。
第20回の会、新しい人達の参加もあり今回も濃い内容のレッスンが出来、
盛況のうちに終わった。
深夜、大宮は豪雨だったので講習会を心配したが、
朝になって天気が回復し何も問題は起きなかった。
だが、講習会終了後、荷物を車に積み込むのに大変な思いをした。
と言うのも、ソニックシティの大ホールで、ポピュラー歌手のコンサートがあり、
その舞台装置の搬入で何台ものトラックや乗用車が搬入口や駐車場入口を塞ぎ、
家の車を中に入れられなくなり、重い荷物を外に停めた車まで運んだ。
日中に土砂降りがあったらしく、外の空気は湿度が90%は有りそうなほどの蒸れ方だったので、
車に積み終わった後、身体からあふれ出る汗が僕の疲労をより一層重くした。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-07-05 00:38 | 講習会