リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
コンサート
水戸茂雄のCD
教則本、楽譜
講習会
ドイツ・ベルギー・オランダの旅
楽器
雑談
講座
未分類
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
ピアノpianist名取典子
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

小磯良平の絵

先日、広島のウッドワン美術館(旧 住建美術館)と言うところへ行った。
かなりの山奥にある美術館でなんとも平和な場所だ。
そこにはガレやマイセンや幕末・明治の薩摩焼の他に日本絵画のコレクションがあった。
展示場の中程に行ったところでふと目に停ったのが小磯良平の絵だった。
「人形」と題した絵の中に3体の人形と共に、ヴァイオリンとリュートが描かれていたのだ。
へえ~。小磯良平は洒落てるなと思った。
描かれた年代は1975年というから、いよいよ世界が古楽の絶頂期に入る年代と言うことだ。
日本にもようやくリュート演奏が聴けるようになった頃に、彼はいち早く画にしてしまっている訳で、
流石に小磯良平だと思った。
帰りにその絵葉書を買って帰った。
美術館の周辺には実に気持ちの良い静寂が広がっていた。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-05-16 15:49 | 雑談

九州ツアー

5月5日に出て今日12日無事帰還。
竹田市から始まって、別府、小倉そして広島の尾道。
雨からだんだんと晴れの日と天候が移って行ったので、
楽器が暴れまくった。
何度もペグがハズレて弦が完全にブラブラになってしまった。
幸いにも演奏前と最後の和音を鳴らし終わった後になったので
支障は来さなかった。
これも運が良いことなのかも。
それにしても、毎日打ち上げ飲み会で流石に今、身体と脳が死んでいる。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-05-12 19:04 | コンサート