リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
コンサート
水戸茂雄のCD
教則本、楽譜
講習会
ドイツ・ベルギー・オランダの旅
楽器
雑談
講座
未分類
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
ピアノpianist名取典子
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ワイン

各地の名産のスペインワインの6本セットというのを以前買って置いておいたのを最近開けて飲んでみた。
6本全てGran Reserva (Great Reserve)のフルボディだ。
1本目は名前が良く分からない土地のもの。しかし、これが旨い。コルクも樹脂ではなくコルクの木だ。
最近はある程度良いものでないとコルクの木を使用していないようだ。
だから、期待をもって飲んだ訳だが、これは当たり。
そして、2本目(その日のうちではない。3日目)これはValdepenasの銘柄だから安心して一口含む。
旨い。これも当たり。という事は、残り4本もまず、ハズレは無いだろう。
今回の6本セットは読み通りの買い物だった。(だろう。まだ、全てを飲んでいない。)
旨いワインを飲める事くらい幸せなことは無い。後は小皿にケソ・マンチェゴ(スペインチーズ。羊の乳)があれば言うことは無いのだが、如何せん、中々日本では手に入らない。しかも、手に入ったとしても、かなり高額だ。口の中でのワインとチーズのコラボレーションが最高なのだが。
今夜は想像でコラボしよう。少し侘しい。
[PR]
by Nsckk-lute | 2009-10-29 01:14 | 雑談

懐かしい友

今日はスペイン時代の友達の生徒さんと池袋であった。
友の名はイグナシオ、通称ナチョー。彼はオスカル・エスプラ音楽院のホセ・トマスというギター全盛時代に活躍した教授で、その秘蔵子として育った人で、僕とは同じクラスでトマスのもとで二年間楽しく過ごした友だ。今はトマス亡き後を継いで同学院の教授として活躍している。
その生徒さん(日本人)が一時帰国していて、ナチョーが僕を懐かしがっているというのを伝えに来てくれたのだ。生徒さんを通して懐かしいあの頃(1980年~1986年)の記憶が蘇ってきた。
トマス先生が本当にパーティーの好きな人でしょっちゅう面白おかしくあちこちでやっていた。
近いうちに必ずスペインのアリカンテ市を訪れよう。
[PR]
by Nsckk-lute | 2009-10-28 00:30 | 雑談

リサイタルを終えて

先日10月21日のリサイタルは無事終わった。
フォルテピアノとの合わせは実際、本番ではどう響くのか、どんなバランスで鳴り響くのか
とても不安だった。何せまともに練習できたのは本番のわずか2日前だったから。
しかし、礼拝堂では絶妙なバランスで、多くの人がリュートとフォルテピアノの音が対等に響きあって
とても面白いアンサンブルだったそうだ。
しかし、3ヶ月でカッサシオンを2組曲はさすがに大変だった。
一つ残念だった事は本番中に下の階でゴスペルの練習をやっていた事だ。
かなりの音が礼拝堂に響いて来ていた。僕も集中力を削がれたが、何人かのお客さんにも不満が出ていた。
[PR]
by Nsckk-lute | 2009-10-24 00:21 | コンサート

尾道の美術館のコンサート

10月12日尾道の美術館でコンサート
開場は吹き抜けになっていて天井が高くとても響きの良い部屋で、
リュートにはぴったりの音響だった。
大きさもまさに理想。約90席。
当日は新聞の影響もあり、120人の超満員だった。
この部屋から中2階へ続く階段とその上の踊り場にもお客さんが入った。
しかし、音響は損なわれることが無かった。
当日のコンサートは大成功だった。
お客さんが皆感動してくださることは、演奏家にとって一番の喜び。
[PR]
by nsckk-lute | 2009-10-14 19:39 | コンサート

尾道灯りまつり

10月10日に尾道灯りまつりで西国寺の境内で演奏。
夜の8時からだったので、1時間のプログラムの後半から非常に冷えてきて、
終了時には手がかなり冷え切っていた。
街路や各お寺の境内に何百何千という燈籠を並べて夜の尾道を照明するという
とても静かで美しい祭りだった。
五重の塔などがイルミネーションされていてとても幻想的だった。
こんな雰囲気の中のリュート演奏はとてもよく合う。
[PR]
by nsckk-lute | 2009-10-14 19:31 | コンサート

無常、台風

台風は容赦ない。
明け方からベランダがバタバタと激しい音がして眠れなかった。
と思ったら、9時頃、バン、ガラガラと音がしたので、ベランダを見たらベランダの樹脂製の屋根の一部がちぎれて隣の駐車場落ちていた。
危ない。人が居たら大怪我だった。とにかく、大急処置として紐で8箇所ほど屋根を固定した。近所のいつもお願いしている工務店に電話したら、明日じゃないと行けないとの事。明日まで、紐が持ってほしい。
明日、お寺でコンサートなんだよね。紐で屋根を固定する作業で腕がパンパン。台風は非常だよな。
[PR]
by nsckk-lute | 2009-10-08 16:45 | 雑談

9日の白泉寺のコンサート

さて、明後日の9日の白泉寺のコンサートは大丈夫かな。
スリル満点。
なにせ史上最強の台風が明日関東を通り過ぎる予定だというのだから、
一歩間違えば、コンサートは中止。
新型インフルエンザにも良い加減びくついているのに、
ただ己を信じるのみか。
[PR]
by nsckk-lute | 2009-10-07 16:06 | コンサート

ホームページのサンプル音源

遂に成功
新譜CDのサンプル音源がアップできた。
ほんの少しアップのプロセスが間違っていただけなのに、
これで完成。
一安心。
http://www.nsckk-lute.com/page037.html
[PR]
by nsckk-lute | 2009-10-04 15:24 | 水戸茂雄のCD