リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:楽器( 15 )

新作ビウエラ第2弾

今週の月曜日に試作ビウエラの欠点をカバーした新作のビウエラが完成。
フレットと弦を張り音を出す、その作業が何ともドキドキ、ワクワクで一番緊張する時だ。
いざ音を出してみる。
製作家の堤氏と大成功に喜び合う。
これでこの楽器で九州ツアーで披露できる。

b0161842_1481890.jpg
b0161842_1492453.jpg

[PR]
by nsckk-lute | 2013-04-11 01:49 | 楽器

新作ビウエラ

昨日新作のビウエラが完成。
10月31日の水戸茂雄リュート・ビウエラリサイタルでお披露目をする。
前回とは異なる新しい試みの内部の設計。
音質、音量も申し分ないと思う。
ほぼ計算通りに出来たと思う。
後はリサイタルまでの一月でどこまで安定するかだ。
b0161842_0405493.jpg

[PR]
by nsckk-lute | 2012-09-25 00:41 | 楽器

ビウエラ修理6

これで一応修理終了。
パーチメントは緩い膠で貼り付けたので、
3日程度放置して良く乾燥させておこう。

b0161842_0241495.jpg

[PR]
by nsckk-lute | 2012-04-02 00:24 | 楽器

ビウエラ修理5

パーチメント(羊皮紙)を補強のために膠付けする。
少し高度なテクニックが要る。
直ぐに溶かしたいときは顆粒状態なので食用ゼラチンが便利。
しかも高純度。

b0161842_13114.jpgb0161842_135443.jpg
[PR]
by nsckk-lute | 2012-03-28 01:04 | 楽器

ビウエラ修理4

残り半分を膠付けする。
ボディーのお尻の部分のブロックとしっかり創等に
注意深くクランプを締める。

b0161842_0501728.jpgb0161842_051188.jpg
[PR]
by nsckk-lute | 2012-03-27 00:51 | 楽器

ビウエラ修理3

ブロックを膠付け。
一日明けてボデイーの半分を膠付け。
もう少し。
b0161842_22385563.jpgb0161842_22393341.jpg
[PR]
by nsckk-lute | 2012-03-21 22:39 | 楽器

ビウエラ修理2

外れたバーの膠を綺麗に洗い、新しく湯煎した膠を塗り、
クランプで固定して一晩放置。
さて良く貼り付いてくれ。
b0161842_22535865.jpgb0161842_2255228.jpg
[PR]
by nsckk-lute | 2012-03-18 22:55 | 楽器

ビウエラ修理

ビウエラの音響バーが外れたので遂に修理。
先ずニスを慎重に切って表面板を外す。
余計な所も剥がれた。ウ~ン。矢張り素人。
まずはここまで。
b0161842_2321692.jpgb0161842_23221112.jpg
[PR]
by nsckk-lute | 2012-03-14 23:22 | 楽器

節電は

今年の夏は節電しろと国は言うけれど
スタジオにあるものとレンタルを除いて
リュートが今、家に16棹ある。
夏はクーラーで部屋の温度を下げないと
膠が緩んでブリッジなどの故障が生じる事になる。
15%も節電が出来るだろうか。
余り自信がない。

それにしても東電の記者会見はとても不愉快だった。
第一号機は、メルトダウンの状態ではないかという記者の質問に
対して、「そう言うのであればそうだろう。」と言う言い方で
対応していたが、こんな開き直りを決してしてはならないと思うが。
その裏には、まだ『東電も被害者である』と言う意識が酷く表れている。

節電に関しても「各家庭も節電に協力しろ」的な有無を言わさない姿勢か゛
どうしても不愉快に感じる。
恐らく、東電が今後また原発を作るなら同じ轍を踏むだろう。
[PR]
by nsckk-lute | 2011-05-15 23:17 | 楽器

バロックリュートの修理完了

木曜日の朝、遂にバロックリュートの修理完了。
表面板が10cm程横に裂けて縦割れが大小8箇所もあり
おまけにブリッジとバーの接着にアロンアルファを使用してあったので、
果たして自分で修理が当初出来るかどうか正直な話、自信が無かったが
完了することが出来たのは、これから先も自分の楽器に関しては
自分でやって行ける自信がついた。
一番苦労をしたのは何と言ってもアロンアルファを綺麗に削り取る事だった。
僕としては後々の事を考えて、修理にはどうしても膠を使用したかったので、
兎に角アロンアルファを完全に綺麗に削り取る事だった。
ちょっと油断すると際の板を刃が削ってしまうので
慎重に慎重を期して作業を進めた。困難を極めたのは夏目冬目で凸凹になった
所のアロンアルファの除去だった。後はちぎれて穴の開いてしまった箇所に
膠で練った大鋸屑を詰めるのに適度な硬さを作るのに手間取った。
表面板と仕上げの羊皮紙を貼るのはエリック(フランス人のリュート製作家)に
教えてもらった方法で作業を進めたら綺麗且つ楽に貼る事が出来た。
僕なりに少しアレンジしたら、メンディングテープは1工程分で済ませる事が出来た。
これは画期的だ。経済的。
古くなったフレットを新しいガットに張替え、弦を張ったら、
実に見栄えのするリュートになった。
矢張り、リュートは弦を張ると顔ががらりと変わる。
その後、午後から古典楽器センターにリュートを教えに行った。
少し疲労感がある。
[PR]
by nsckk-lute | 2010-09-03 01:21 | 楽器