リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
コンサート
水戸茂雄のCD
教則本、楽譜
講習会
ドイツ・ベルギー・オランダの旅
楽器
雑談
講座
未分類
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:コンサート( 53 )

棟方さんと

今日は「スタジオ ゲルン」 で棟方さんと小澤さんと僕で、
夫から妻へ、妻から夫へ という手紙の朗読とチェンバロ、リュートでコンサートをした。
棟方さんは、かの有名な棟方志功さんの姪御さんで、
棟方さんの父上は高村光雲の一番弟子で光太郎と兄弟弟子の彫刻家だ。
なかなか楽しいコンサートだった。
[PR]
by nsckk-lute | 2009-09-30 23:53 | コンサート

ケルン

昨日、ドイツから帰国。
ドイツのケルンでのコンサートは好評だった。
当日会場にはミハエル・シェッファー夫人が聴きに来られた。
夫人は大変喜んでおられて、翌日のディナーに招待して頂いた。
ディナーはシェッファー夫人宅で、ご夫人のドイツでの50年の生活のことや故シェッファー氏の色々な
エピソード、氏の師であるゲルヴィッヒ氏、友人のオイゲン・ドンボア氏とのエピソードなど伝説のリュート演奏家の話がほんとに沢山聞けて楽しいひと時を過ごした。
 リュートは2棹だけあり、1台はポール・トンプソン氏作 10コースルネサンス、もう1台は1950年代の
故シェッファー氏が試行錯誤して製作してもらったテオルボだった。ルネサンスのものはもう弦も錆びていたが抜けの良い透き通った良く響く楽器だった。僕にはとても弾きやすい楽器だった。テオルボはさすがに現在使用されているものとは遠くかけ離れたものだったので演奏はしなかった。
 夫人のお話の随所に「それはもう大変だったのよ」と言う言葉が出てきた。1950年代にリュートを開拓して行ったのだから、本当にそれは大変だったと思う。僕も日本に帰国してゼロから開拓して行った人間なのでその話は大変よく理解できた。
夫人にはいつまでもお元気でいてもらいたいと思う。
[PR]
by nsckk-lute | 2009-03-31 18:34 | コンサート

3月21日のリュートコンサート

3月21日にドイツのケルンでリュートコンサートを行います。
内容は、バロックリュートで
前半は、フランスバロック音楽、後半は、ドイツバロック音楽です。
こちらをご覧ください
http://www.tenri-kw.de/programm.php
[PR]
by nsckk-lute | 2009-03-08 14:37 | コンサート