リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:プロフィール( 1 )

プロフィール

プロフィール  Profile


水戸茂雄
スペイン国立オスカル・エスプラ音楽院、及びマドリッド王立音楽院に学ぶ。バロック音楽の歴史的演奏様式の基礎を音楽学者、オルガニスト、チェンバリストであるW.R.タルスマ氏、リュート、テオルボ、バロックギター、ビウエラ及び通奏低音奏法をホセ・ミゲル・モレノ、ホプキンソン・スミス両氏に師事。現在、海外及び日本各地でソロリサイタルやリュート講習会、ビウエラ講習会を行うなどリュートの第一人者として活躍している。
また東京音楽大学、桐朋学園、洗足学園などでの招待講師を務める。
著書に『リュート教則本』ルネサンス編、バロック編上下の3巻,『バッハ リュート作品集』、CDに『バッハ,ヴァイス リュート作品集』、『ビウエラ音楽Vol.1 おお 栄光の聖母、Voll.II もしもイルカ達が愛に死すなら』、フランスバロック音楽『夢みる人』、『リュート音楽によるヨーロッパ巡りPartⅠルネサンス時代、PartⅡバロック時代、PartⅢテオルボ』などがある。
日本ビウエラ協会理事、N&S古楽研究会主宰、東京音楽大学及び同大学院非常勤講師
[PR]
by nsckk-lute | 2009-03-08 14:09 | プロフィール