リュートによるルネサンス・バロック音楽を中心に綴ります
by nsckk-lute
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
プロフィール
コンサート
水戸茂雄のCD
教則本、楽譜
講習会
ドイツ・ベルギー・オランダの旅
楽器
雑談
講座
未分類
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


リサイタルを終えて

先日10月21日のリサイタルは無事終わった。
フォルテピアノとの合わせは実際、本番ではどう響くのか、どんなバランスで鳴り響くのか
とても不安だった。何せまともに練習できたのは本番のわずか2日前だったから。
しかし、礼拝堂では絶妙なバランスで、多くの人がリュートとフォルテピアノの音が対等に響きあって
とても面白いアンサンブルだったそうだ。
しかし、3ヶ月でカッサシオンを2組曲はさすがに大変だった。
一つ残念だった事は本番中に下の階でゴスペルの練習をやっていた事だ。
かなりの音が礼拝堂に響いて来ていた。僕も集中力を削がれたが、何人かのお客さんにも不満が出ていた。
[PR]
by Nsckk-lute | 2009-10-24 00:21 | コンサート
<< 懐かしい友 尾道の美術館のコンサート >>